高校入試対策 理科「映像で見る実験総復習」ゼミ が始まりました

千葉県公立高校前期入試まで、約4カ月。今年も「土曜ゼミ」の時期になりました。今年は 理科「映像で見る実験総復習」ゼミ 1本に絞っての開催です。

本日が第1回目。12月初旬まで全8回で実施します。

 

千葉県公立高校の理科の入試問題の約半分が実験問題です(H30年前期は大問9問中4問(配点44点))。基礎知識を問う問題に加え、実験結果を考察したり、実験データや観察データを基に計算する力が求められます。

 

実験問題は教科書に載っている実験しか出題されることはないし、よく出る実験はある程度決まっています。しかしながら、実験問題を苦手とするお子様が多いのが実情です。

 

そこで、理科「映像で見る実験総復習」ゼミ では、入試頻出の実験映像を見ながら、実験の目的、ポイント、注意点を塾長が解説します。見たり聞いたりするだけでなく。そのあと、穴埋め式のテキストにポイントを書き込むことによりしっかり理解してもらいます。

 

このようにして、実験の本質をつかむことを目的としてます。

 

今日の授業は2時間の予定でしたが、30分ほどオーバーしてしまいました。でも、参加者は、集中して授業に参加してくれました。

 

「基礎的なことだけど、結構忘れていることが多かった」と、主催者としては狙い通りのコメントをもらいました。

 

しっかり復習して、今日学習したことを完全に自分のものにしてほしいと思います。